朝食|リピしたくなる ごはん目当ての国内ホテル旅行

帝国ホテル

帝国ホテル朝食

帝国ホテルの朝食といえば、まず思い浮かぶのが、日本における朝食バイキングの先駆けである「インペリアルバイキング サール」でしょう。1974年の誕生以来、長年愛され続けているこのレストランでは、和洋中を取り揃えた約100種類のメニューが並びます。

名物のオムレツは、目の前で作り立てを提供してくれる贅沢な一品。卵はふわふわで、とろけるような口当たりです。また、帝国ホテル伝統のビーフシチューや特製パンケーキも絶品です。

ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニ SATSUKI

ホテルニューオータニの朝食は、洗練された料理と贅沢な雰囲気で、特別な朝を演出してくれます。以下に、いくつかの朝食オプションをご紹介いたします。

  1. SATSUKI(サツキ)(ザ・メイン ロビィ階):

    • 健康発酵をテーマにした究極の朝食ビュッフェ。
    • ピエール・エルメ・パリのヴィエノワズリーやヨーグルト、イベリコ豚の骨付きハム、玄米卵を使用したオムレツなど、こだわりの詰まった朝食を楽しめます。
    • 料金: 和洋食ビュッフェ ¥6,500(ニューオータニクラブ会員 ¥5,800)、お子さま(4~12歳) ¥3,800
  2. ガーデンラウンジ(ガーデンタワー ロビィ階):

    • 約1万坪のホテルの日本庭園を眺めながら、絶品の朝食を。
    • 和洋食ビュッフェや選べる卵料理をホテルで焼き上げたパンと共に楽しめる「アメリカンブレックファースト」など、お好きなメニューを選べます。
    • 料金: 和・洋食ビュッフェ 大人 ¥5,000(ニューオータニクラブ会員 ¥4,500)、お子さま ¥2,800
  3. 紀尾井 なだ万(ガーデンタワー ロビィ階):

    • 日本を代表する老舗レストランの和朝食。
    • 料理長が四季折々の素材を吟味し、なだ万の伝統に趣向を取り入れたお料理を、日本庭園の大滝が目の前に広がる優雅な景色と共に楽しめます。
    • 料金: 和朝食 ¥3,300(ニューオータニクラブ会員 ¥2,970)
  4. タワーレストラン(ガーデンタワー 40階):

    • 地上144mから東京が一望できる都内屈指の絶景朝食ビュッフェ。
    • 和食・洋食ビュッフェをホテルの最上階でお召し上がりいただけます。
    • 料金: 和洋食ビュッフェ ¥5,000(ニューオータニクラブ会員 ¥4,500)、お子さま(4~12歳) ¥2,800
  5. ルームサービス:

    • 朝6時から11時30分まで、お部屋でゆっくりと朝食を楽しめます。
    • コンチネンタルブレックファースト、アメリカンブレックファースト、和朝食など、アラカルトメニューも用意されています。
    • 料金にはサービス料・消費税が含まれています。

      ザ・リッツ・カールトン東京

      ザ・リッツ・カールトン東京

      伝統を受け継ぐ洗練された味
      ザ・リッツ・カールトン東京の朝食は、格式高いホテルの伝統を受け継ぎながら、現代的なアレンジを加えた洗練された味わいが特徴です。

      名物のエッグベネディクトは、とろけるような半熟卵と濃厚なオランデーズソースが絶妙なバランスで、まさに至福の一品です。また、特製パンケーキは、ふわふわで優しい甘さで、朝から幸せな気分になれます。

東京マリオットホテル

東京マリオットホテル

LOUNGE&DINING G(ロビーフロア、45階):

  • 健康と発酵をテーマにした究極の朝食ビュッフェ!
  • ピエール・エルメ・パリのヴィエノワズリーやヨーグルト、イベリコ豚の骨付きハム、玄米卵を使用したオムレツなど、こだわりの詰まった朝食を楽しめます。
  • 料金: 和洋食ビュッフェ ¥6,500(ニューオータニクラブ会員 ¥5,800)、お子さま(4~12歳) ¥3,800