予算に合わせて一年中温暖なビーチリゾート 沖縄旅行

 

予算3.8万円|グルメを楽しむ 沖縄旅行

沖縄は subtropical climate で一年中温暖であり、ビーチリゾートとして有名で,沖縄本島だけでなく、石垣島や宮古島などの離島も魅力的!また、琉球王国の歴史や文化も楽しめます。

交通費は、飛行機が主な手段で、早期割引やセールを利用すると安く購入できます。例えば、東京から那覇への往復航空券は、最安値で約10,000円から。離島に行く場合は、那覇からの航空券やフェリー代も必要になります。

宿泊費は、那覇市内のスタンダードホテル(通常期)の場合、1泊あたり約3,000円から4,000円程度です。家族4人で2泊するとしたら、約24,000円から32,000円程度になります。

早期割引やセールで格安の往復航空券利用することで、沖縄に行けちゃいます!沖縄料理だけでなく、海鮮料理やスイーツもおすすめ!沖縄グルメを楽しむとしたら、1日あたり約3,000円から5,000円程度が目安です。家族4人で2日間だとしたら、約24,000円から40,000円程度になります。ちょっとリッチにすると家族4人で2日間だとしたら、約40,000円から80,000円程度になります。

飛行機とホテルのパックツアーを利用する方法
航空券と宿泊施設をセットで予約することで、個別に予約するよりも安くなる場合が多いです。例えば、JTBのサイトでは、東京/羽田空港発着で沖縄/那覇空港への往復航空券とホテル1泊2日のパックツアーが、1人2万円から3万円程度で提供されています。

ホテルのグレードや立地、食事の有無などによって価格は異なりますが、予算3.8万円以内で沖縄旅行を楽しむことができます。

次に、飛行機とホテルを別々に予約する方法
これは、自分の好みやニーズに合わせて自由に組み合わせることができるメリットがあり、例えば、Jtripのサイトでは、東京/羽田空港発着で沖縄/那覇空港への往復航空券とホテル1泊2日のフリープランが、1人1.5万円から2.5万円程度で提供されています。飛行機やホテルの種類や時間帯を選ぶことで、価格や利便性を調整することができます。

沖縄でグルメを楽しむためには、現地での食費やお土産代なども考慮する必要があります。沖縄グルメは多種多様で、定番の沖縄そばやゴーヤチャンプルーから、珍味のミミガーやシマ豆腐まであります。

沖縄グルメを楽しむためにおすすめのお店やスポット!
首里そば:
観光客はもちろん、地元の人にも人気の沖縄そばの名店。
オハコルテ 港川本店:フルーツタルトで人気のお店です。
山羊料理さかえ:看板メニューの山羊料理に挑戦してみてください。
ピザ喫茶 花人逢:看板メニューのピザが有名な人気店。
アイスクリンcafeアーク:屋台のアイス「アイスクリン」直営のカフェで食べ放題。
シーサイドカフェハノン:海岸沿いのパンケーキ専門店でランチがお得!
小桜:常連客やリピーターが多い老舗居酒屋。
味噌めしや まるたま:老舗の味噌蔵の味噌を使ったお料理で朝食にたべたい!
中本鮮魚てんぷら店:沖縄では天ぷらはスナック感覚で食べるおやつです。
Cafe やぶさち:数量限定のプレートが人気のカフェ。
丸三冷物店:氷上に豆、サクランボ、ミカンで描かれた茶白熊かき氷が人気。

ハイクラスのホテルに宿泊したければ、現在、日本旅行では、12月上旬あたりまでの旅行であれば、日本旅行沖縄のホテル・旅館 人気ランキング一位の石垣島の朝食付きでフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズに宿泊できます。29,920円(税込)
フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ (朝食付き)
往復1万円くらいの格安航空券がみつかれば、予算3.8万円でハイクラスのホテルに宿泊できそうです。

予算5万円|ビーチリゾート 沖縄旅行

まず、飛行機とホテルのパックツアーを利用する方法があります。これは、航空券と宿泊施設をセットで予約することで、個別に予約するよりも安くなる場合が多いです。

例えば、JTBのサイトでは、東京/羽田空港発着で沖縄/那覇空港への往復航空券とホテル1泊2日のパックツアーが、1人3万円から4万円程度で提供されています。

ホテルのグレードや立地、食事の有無などによって価格は異なりますが、予算5万円以内で沖縄旅行を楽しむことができます。

予算5万円なら飛行機+ホテルのパックツアーが利用できます。

予算10万円|ダイビングライセンスの取得旅行

沖縄の海の美しさを体感できるシュノーケリングや体験ダイビングが人気ですが、最短2日、通常3日間でダイビングのライセンスを取得することもできるので、挑戦してみませんか?

プラン1:沖縄本島でライセンス取得
ライセンス講習代:約39,800円(税込)
この料金には、PADIオープンウォーターダイバーのライセンス取得に必要な学科講習、プール講習、海洋実習が含まれます。また、器材レンタルやランチも含まれます。

ホテル代:約8,700円(税込)
この料金は、HOTEL StoRK 那覇新都心で3泊する場合の料金です。1泊あたり2,900円から利用できます。

食事代:約20,000円(1日あたり5,000円と仮定)
朝食と夕食を外食する場合の目安です。昼食はライセンス講習代に含まれます。その他交通費や観光費:約10,000円
この料金は、レンタカー代やガソリン代、ガンガラーの谷や瀬長島ウミカジテラスなどの観光費を見込んだものです。
合計:約78,500円

プラン2:宮古島でライセンス取得
ライセンス講習代:約50,000円(税込)
この料金には、NAUIスキューバダイバーのライセンス取得に必要な学科講習と海洋実習が含まれます。また、器材レンタルやランチも含まれます。

ペンション代:約16,500円(税込)
この料金は、[ペンションふくろう]で3泊する場合の料金です。1泊あたり5,500円から利用できます。

飛行機代:約30,000円(往復)
この料金は、那覇空港から宮古島空港への直行便を利用する場合の目安です。早めに予約すればもっと安くなる可能性があります。

食事代:約20,000円(1日あたり5,000円と仮定)
朝食と夕食を外食する場合の目安です。昼食はライセンス講習代に含まれます。

その他交通費や観光費:約10,000円
この料金は、レンタカー代やガソリン代、与那覇前浜ビーチや沖縄そば屋さんなどの観光費を見込んだものです。
合計:約126,500円

プラン3:石垣島でライセンス取得
ライセンス講習代:約50,000円(税込)
この料金には、PADIオープンウォーターダイバーのライセンス取得に必要な学科講習と海洋実習が含まれます。また、器材レンタルやランチも含まれます。ダイビングスクール・マレア石垣島やOG DIVE SERVICEなどがこのプランを提供しています。

ホテル代:約15,000円(税込)
この料金は、マリンロッジ・マレア石垣島で3泊する場合の料金です。1泊あたり5,000円から利用できます。このホテルはダイビングスクールに併設されており、空港からの送迎も無料で提供されます。

食事代:約15,000円(1日あたり5,000円と仮定)
朝食と夕食を外食する場合の目安です。昼食はライセンス講習代に含まれます。

その他交通費や観光費:約10,000円
レンタカー代やガソリン代、[竹富島]や[川平湾]などの観光費を見込んだものです。
合計:約90,000円

ビーチリゾート沖縄のマリンスポーツ体験

沖縄で体験できるマリンスポーツはたくさんあり、以下のような種類があります。

シュノーケリング:
水面から海中の景色や生き物を観察するアクティビティです。特別な技術やライセンスは必要ありません。沖縄の美しい珊瑚礁や魚たちと触れ合えます。

ダイビング:
水中に潜って海中の世界を探検するアクティビティです。体験ダイビングは初心者でも参加できますが、ファンダイビングはライセンスが必要です。沖縄の海には様々なダイビングスポットがあり、青の洞窟や沈船などが人気です。

パラセーリング:
船に引っ張られてパラシュートに乗って空を飛ぶアクティビティです。高さは約50メートルから200メートルまで選べます。沖縄の海を一望できる絶景を楽しめます。

バナナボート・トーイングチューブ:
船に引っ張られて浮き輪に乗って海上を走るアクティビティです。
バナナボートはバナナ型の浮き輪で、トーイングチューブはドーナツ型やソファ型など様々な形の浮き輪です。スピード感と爽快感が魅力です。

ジェットスキー・水上バイク:
エンジン付きの小型ボートに乗って海上を自由に走るアクティビティです。運転免許は不要ですが、年齢制限や体重制限がある場合があります。操作方法は簡単で、初心者でも楽しめます。

シーウォーク・シーウォーカー:
専用のヘルメットをかぶって海底を歩くアクティビティです。顔が水に濡れないので、メガネや化粧をしたままでも大丈夫です。呼吸も地上と同じで、水が苦手な方でも安心して参加できます。

水中スクーター・潜水ウォーカー:
エンジン付きの小型機器に乗って海中を移動するアクティビティです。水中スクーターはハンドルとプロペラがついた機器で、潜水ウォーカーはバイク型の機器です。水深約5メートルまで潜れます。

フライボード・ホバーボード:
水圧で空中に浮かび上がるアクティビティです。フライボードは足に装着する板型の機器で、ホバーボードはサーフボード型の機器です。高さは約10メートルまで上昇できます。

サーフィン・ボディボード:
波に乗って滑るアクティビティです。サーフィンは立った状態でサーフボードに乗りますが、ボディボードは寝た状態で小さな板に乗ります。波のコンディションや季節によって適したスポットが異なります。

ウェイクボード・ウェイクサーフィン:
船に引っ張られてボードに乗って滑るアクティビティです。ウェイクボードはバインディングでボードに固定されますが、ウェイクサーフィンは自由にボードを操作できます。船の波に乗って楽しめます。

ウインドサーフィン・カイトサーフィン:
風を利用してボードに乗って滑るアクティビティです。ウインドサーフィンはボードにセイルがついていますが、カイトサーフィンはボードとは別にカイトを操作します。風の強さや方向によって適したスポットが異なります。

シーカヤック・カヌー:
パドルで漕いで海上を移動するアクティビティです。シーカヤックは1人乗りや2人乗りの小型のボートで、カヌーは3人乗り以上の大型のボートです。沖縄の海岸線や無人島などを巡ることができます。

クリアカヤック・クリアSUP:
透明な素材でできたカヤックやSUP(スタンドアップパドルボード)に乗って海上を移動するアクティビティです。水面から海中の景色や生き物を見ることができます。沖縄の透明度の高い海で楽しめます。

SUP(スタンドアップパドルボード)・SUPヨガ:
大きな板に立ってパドルで漕ぐアクティビティです。SUPは水上散歩やサーフィンなど様々な楽しみ方ができます。SUPヨガはSUPの上でヨガのポーズをとるアクティビティです。バランス感覚や筋力が鍛えられます。

マーメイド体験:
人魚のような衣装を着て海中や海岸で写真撮影するアクティビティです。衣装や小道具はレンタルできます。沖縄の美しい海をバックに、夢のような体験ができます。

無人島ツアー:
船やカヤックなどで無人島に渡って遊ぶアクティビティです。沖縄には多くの無人島があり、プライベート感溢れる時間を過ごせます。シュノーケリングやバーベキューなども楽しめます。

ホエールウォッチング:
船からザトウクジラやシロナガスクジラなどの大型海洋生物を観察するアクティビティです。沖縄では冬から春にかけて、南洋から回遊してくるクジラたちを見ることができます。
この他、シュノーケリングでホエールウォッチングするものもあるそうです。迫力ある姿やジャンプを見ることができればラッキーです。